NEWSニュース

2020.02.15TOPICS

【モンスト プロツアー 2019-2020】 レギュラーシーズン最終戦となる第7戦 名古屋を制したのは「アラブルズ」

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 弘毅)のXFLAG™ (エックスフラッグ)は、スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のプロチームによる、賞金総額 1 億円のトーナメント形式となるe スポーツ大会の全国ツアー「モンスト プロツアー 2019-2020」のレギュラーシーズン第7戦 名古屋を、2020年2月15日(土)にポートメッセなごや第1展示館で行われた 「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA 2020」内で開催しました。
優勝チーム「アラブルズ」
レギュラーシーズン最終戦となる第7戦 名古屋では、第2戦 東京、第4戦 大阪と決勝に進出するも、あと一歩のところで優勝をすることができなかった「アラブルズ」が、「AliceWithAce」との決勝戦を制し、初優勝を果たしました。
今大会では、第5戦 仙台、第6戦 福岡で連勝し勢いに乗る「【華】獣神亭一門」と、ここまで総合獲得ポイントで独走し、第6戦 福岡終了時点でツアーファイナルへの出場権を獲得していた「GV」が、バトルRound1回戦でそれぞれストレート負けを喫し、早期敗退する波乱の幕開けとなりました。タイムアタックRoundを4位で通過した「アラブルズ」は、ツアーファイナル進出へ優勝が絶対条件となったなか、ベスト4で「今池壁ドンズα」とのフルセットの激戦を制し、決勝に進出。勝てば首位でのツアーファイナル進出、負ければ5位でツアーファイナル進出ならずという状況の中、迎えた決勝では「AliceWithAce」をストレートで下し、ツアー初優勝を収めました。
「アラブルズ」のリーダー KEVIN選手は、優勝インタビューで「(ツアー)ファイナルに進出するためには優勝するしかなかった。苦しい時もあったが、優勝して(ツアー)ファイナルに進めたのは、最後まで諦めず応援してくださった方がいたから」と優勝の喜びを語り、「ツアーファイナルで優勝して、今までアラブルズをずっと応援してくださった方に恩返しをしたい」と、2週間後に迫るツアーファイナルに向け抱負を語りました。  なお、総合獲得成績では「アラブルズ」が111ptで1位、「GV」が109ptで2位、「【華】獣神亭一門」が95ptで3位、「今池壁ドンズα」は95ptで4位※となり、ツアーファイナル進出を確定させました。2月29日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 スクリーンNo.1で開催するツアーファイナルに出場するのは、「アラブルズ」、「GV」、「【華】獣神亭一門」、「今池壁ドンズα」の4チームです。※総合獲得ポイントが同数の場合は、レギュラーシーズンのバトルRound獲得最高順位、及びその回数により順位が決定します
ツアーファイナルは、電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて一般観戦チケットを販売中、またチーム応援オプションチケットも、本日2月15日(土)より販売中です。XFLAG TICKET:https://event.xflag.com/※詳細は「XFLAG TICKET」にてご確認ください
■ 第7戦 名古屋の成績 ※獲得ポイント順

■レギュラーシーズン全7戦の総合成績


■大会の様子







「モンスト プロツアー 2019-2020」は、スマホアプリ「モンスターストライク スタジアム」を使用して4対4のチーム戦で競い、"モンストのプロ"No.1チームを決定するeスポーツのプロ選手によるトーナメント形式のツアーです。本ツアーには、"モンストのプロ"全12チーム※が参加し、1dayトーナメントのレギュラーシーズンを全国6会場で7大会にわたり実施。そして、レギュラーシーズンの総合成績上位4チームが東京都内で開催するツアーファイナルに進出し、2019年度のモンストのプロNo.1チームを決定します。本ツアーは、それぞれの大会(全8戦)ごとに賞金を贈呈、賞金総額は1億円となる日本最大規模のトーナメント形式のeスポーツ大会ツアーです。

※モンストは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンス認定タイトルで、50名がモンストのプロライセンスを所持しています(2019年11月現在)。本ツアーでは、チームリーダーがプロライセンス保持者、かつ XFLAG eSports が定めた

一定以上の実績を持つチームを本ツアーに出場できるプロチームと認定しています。チームメンバーは最大5名まで登録可能です。

「モンスト プロツアー 2019-2020」特設サイト:https://esports.xflag.com/games/professionals/2019/protour/

<スケジュール>
◆レギュラーシーズン

◆ツアーファイナル ※「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが出場



2020.02.03TOPICS

【モンスト プロツアー 2019-2020】第6戦 福岡を制したのは「【華】獣神亭一門」

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のXFLAG™ (エックスフラッグ)は、スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のプロチームによる、賞金総額 1 億円のトーナメント形式となるe スポーツ大会の全国ツアー「モンスト プロツアー 2019-2020」の第6戦 福岡を、2020年2月1日(土)にTOHOシネマズ天神・ソラリア館にて行いました。


優勝チーム「【華】獣神亭一門」
レギュラーシーズン第6戦 福岡では、第5戦 仙台でツアー初優勝を飾り、勢いに乗る「【華】獣神亭一門」が、地元九州勢の意地を見せ決勝に挑む「ろくまる◢⁴」との対戦を制し、賞金430万円を獲得。上位4チームのみが手にできるツアーファイナル出場権を争うポイント成績では、タイムアタックRoundのポイントと合わせて31ptを獲得し、総合成績では91ptとなり2位に浮上しました。今大会ではベスト8・初戦から、地元九州の地でプロツアー初勝利を目指す「ろくまる◢⁴」と、昨年のプロツアー 福岡大会を制した「はなっぷ」の九州勢同士の対決や、お互いにモンスト初代プロチームでありながら、約2年ぶりの対戦となる「【華】獣神亭一門」と「今池壁ドンズα」の対決など好カードが多く見られました。タイムアタックRoundを8位通過と苦戦を強いられた「【華】獣神亭一門」は、首位通過の「今池壁ドンズα」とバトルRoundベスト8の第3試合で対決。両チーム譲らずフルセットの末、「【華】獣神亭一門」が勝ち切り、勢いをそのままにレギュラーシーズン2連勝を果たしました。「【華】獣神亭一門」のたっくす選手は、優勝インタビューで「苦しい時もありましたが努力が報われました。福岡のてっぺんの景色は最高です!」と優勝の喜びを語り、リーダー・あーぼー選手は、「名古屋は自分たちの最高の状態で臨めます。みなさん期待してください!」とツアーファイナル進出が懸かる第7戦 名古屋に向け、抱負を語りました。なお、総合獲得成績では「GV」が101pt(1位)でツアーファイナル進出を確定させ、以下、「【華】獣神亭一門」、「4Sleepers」、「今池壁ドンズα」と続きます。レギュラーシーズン最終戦となる第7戦 名古屋に出場するのは「アラブルズ」、「AliceWithAce」、「今池壁ドンズα」、「Cats」、「GV」、「【華】獣神亭一門」、「どんどんススムンガ」、「はなっぷ」、「4Sleepers」、「らぶましーん」、「練習不足。」、「ろくまる◢⁴」の全12チームです。また、2月29日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 スクリーンNo.1で開催するツアーファイナルは、電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて一般観戦チケットを販売中、チーム応援オプションチケットは2月15日(土)より販売予定です。XFLAG TICKET:https://event.xflag.com/※詳細は「XFLAG TICKET」にてご確認ください■第6戦 福岡の成績 ※獲得ポイント順

■第6戦 福岡終了時の総合成績

■大会の様子






「モンスト プロツアー 2019-2020」は、スマホアプリ「モンスターストライク スタジアム」を使用して4対4のチーム戦で競い、"モンストのプロ"No.1チームを決定するeスポーツのプロ選手によるトーナメント形式のツアーです。本ツアーには、"モンストのプロ"全12チーム※が参加し、1dayトーナメントのレギュラーシーズンを全国6会場で7大会にわたり実施。そして、レギュラーシーズンの総合成績上位4チームが東京都内で開催するツアーファイナルに進出し、2019年度のモンストのプロNo.1チームを決定します。本ツアーは、それぞれの大会(全8戦)ごとに賞金を贈呈、賞金総額は1億円となる日本最大規模のトーナメント形式のeスポーツ大会ツアーです。※モンストは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンス認定タイトルで、50名がモンストのプロライセンスを所持しています(2019年11月現在)。本ツアーでは、チームリーダーがプロライセンス保持者、かつ XFLAG eSports が定めた一定以上の実績を持つチームを本ツアーに出場できるプロチームと認定しています。チームメンバーは最大5名まで登録可能です。「モンスト プロツアー 2019-2020」特設サイト:https://esports.xflag.com/games/professionals/2019/protour/<スケジュール>
◆レギュラーシーズン

◆ツアーファイナル ※「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが出場




2020.01.19TOPICS

モンスト プロツアー 2019-2020第5戦 仙台を制したのは「【華】獣神亭一門」

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のXFLAG™ (エックスフラッグ)は、スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のプロチームによる、賞金総額 1 億円のトーナメント形式となるe スポーツ大会の全国ツアー「モンスト プロツアー 2019-2020」の第5戦 仙台を、2020年1月18日(土)にMOVIX 仙台にて行いました。


優勝チーム「【華】獣神亭一門」
レギュラーシーズン第5戦では、「【華】獣神亭一門」が、熾烈な戦いの中で勢いを付けながら、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」優勝チームの「どんどんススムンガ」との決勝戦を制し、賞金430万円を獲得。上位4チームのみが手にできるツアーファイナル出場権を争うポイント成績では、タイムアタックRound1位のポイントと合わせて38ptを獲得し、総合成績で60pt(5位)になりました。
今シーズン勝利のなかった「【華】獣神亭一門」、「らぶましーん」、「どんどんススムンガ」の3チームが初戦を勝ち上がり、「【華】獣神亭一門」が初戦の勢いそのままにプロツアー初優勝を飾りました。激戦を制した「【華】獣神亭一門」のリーダー・あーぼー選手は、優勝インタビューで「やっと勝てて、嬉しいこともそうなのですが、応援団や監督達に感謝です。厳しい練習や辛い期間もありましたが、メンバーの支えがありながら優勝できたことがとても嬉しいです」と、涙ながらに優勝の喜びを語りました。なお、第5戦 仙台までの獲得ポイントは「GV」が101ptで首位を独走し、「4Sleepers」、「今池壁ドンズα」、「アラブルズ」と続きます。次戦となる第6戦 福岡に出場するのは「AliceWithAce」、「今池壁ドンズα」、「Cats」、「【華】獣神亭一門」、「どんどんススムンガ」、「はなっぷ」、「らぶましーん」、「ろくまる◢⁴」の8チーム。また、第6戦 福岡、第7戦 名古屋の観戦チケットは、電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて、当日(※)まで販売予定です。XFLAG TICKET:https://event.xflag.com/events/protour2019※会場ごとに当日の販売終了時間が異なります。詳細は「XFLAG TICKET」にてご確認ください■ 第5戦 仙台の成績 ※獲得ポイント順

■ 第5戦 仙台終了時の総合成績

■ 大会の様子






「モンスト プロツアー 2019-2020」は、スマホアプリ「モンスターストライク スタジアム」を使用して4対4のチーム戦で競い、"モンストのプロ"No.1チームを決定するeスポーツのプロ選手によるトーナメント形式のツアーです。本ツアーには、"モンストのプロ"全12チーム※が参加し、1dayトーナメントの「レギュラーシーズン」を全国6会場で7大会にわたり実施。そして、「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが東京都内で開催する「ツアーファイナル」(詳細は後日発表)に進出し、2019年度のモンストのプロNo.1チームを決定します。本ツアーは、それぞれの大会(全8戦)ごとに賞金を贈呈、賞金総額は1億円となる日本最大規模のトーナメント形式のeスポーツ大会ツアーです。
※モンストは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンス認定タイトルで、50名がモンストのプロライセンスを所持しています(2019年11月現在)。本ツアーでは、チームリーダーがプロライセンス保持者、かつ XFLAG eSports が定めた一定以上の実績を持つチームを本ツアーに出場できるプロチームと認定しています。チームメンバーは最大5名まで登録可能です。「モンスト プロツアー 2019-2020」特設サイト:https://esports.xflag.com/games/professionals/2019/protour/<スケジュール>◆レギュラーシーズン

◆ツアーファイナル ※「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが出場2月29日(土)東京 後日発表

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10